ビジネスローンの金利は、個人向けのカードローンとほぼ同じ金利となっているようです。(ビジネスローン)もちろん、金融機関によって設定はことなります。カードローンよりもやや高めの金利が設定されていることもあります。銀行の事業者ローンは、用意する書類も多く、審査は厳しいですが、金利は消費者金融よりもかなり低いです。金融機関はリスクの低い客ほど、有利な条件でお金を貸す傾向があるので、金融機関から信用されるような会社になることが、好条件で融資を受けるための1つの方法です。銀行の事業者ローンでは、会社の代表取締役が連帯保証人になるのが一般的です。しかし、高額な融資を受けるためには、それだけでは足りないこともあります。

銀行の事業者ローンでは最大5千円~1億円程度までと設定されていることもありますが、数千万円のお金を借りるためには、土地や建物を担保に入れなければならないでしょう。土地などを担保に入れる場合、現地調査を行うので、審査には1ヵ月以上かかることも多いです。また、事業年数3年以上で、良好な経営実績を残している企業が基本的に対象となっています。借りるためのハードルは高いですが、銀行の事業者ローンを利用したほうが、かなり低い金利で借りることができます。消費者金融のビジネスローンなら、無担保・無保証で借りられる可能性が高いです。しかし、金利はかなり高めになっており、個人向けのカードローンよりも高い金利が設定されていることもあります。最短で2日くらいで借りられることもありますので、急いでお金を借りたい企業にはありがたい存在でしょう。また、消費者金融のビジネスローンは個人事業主にも対応していますので、個人事業主の人は個人向けのカードローンと、ビジネスローンを使い分けることもできるでしょう。消費者金融のビジネスローンのほうがメリットが大きいように思えますが、金利が高いということが最大のネックとなります。100万円以上の高額な融資を受ける場合には、慎重になっておくべきでしょう。